カミソリ負けを減らす上手な髭剃りのコツ

カミソリを使った毎日の髭剃りにもコツがあります、ただ何気なく剃っているだけでは髭は無くなりきれいになってもカミソリ負けで肌が荒れてしまうことも少なくありません。
上手な髭剃りのコツは事前に髭を柔らかくしておくということ、水で濡らすよりもお湯、お湯よりも蒸しタオルという順で効果的に髭を早く柔らかくできます、髭は硬いまま剃ろうとすると肌への負担が大きくなります、切断されにくい髭に引っ張られた皮膚の一部をカミソリが傷付けるとカミソリ負けとなり痒みや赤い発疹となってしまいます。
次に潤滑性を高めることが大切です、シェービングフォームやジェルを充分に使い刃先が肌の上をスムーズに滑って髭だけを確実に捕らえるようにしなくてはなりません、また、剃る方向を髭の伸びる方向に沿って剃る順剃りにしましょう、逆剃りは深剃りができますが肌への負担も大きいものです、しっかり剃りたい部分があれば肌を剃る方向と逆向きに引っ張りながら順剃りすれば逆剃りでなくても剃り残しも少なくきれいに剃れるようになります。
剃った後はよく泡立てた石鹸で優しく洗ってしっかりすすぎます、タオルドライの後は肌が潤っているうちにアフターシェーブで肌を引き締めて整えましょう。

髭剃りを失敗しないためのコツ

男性のエチケットである髭剃りですが、間違った方法や急いで剃ってしまうと出血したり、肌荒れの原因となります。
髭剃りを失敗しないためのコツとして、髭に水分を与え柔らかくすることです。
乾いた状態で剃ろうとすると上手に切れず、剃り残しができてしまいます。
ゆるめのお湯で洗顔するか、蒸しタオルを当てて肌と髭を柔らかくしましょう。
その後、シェービング剤を塗るとカミソリの刃の滑りが良くなり、肌への負担を減らすことができます。
髭を剃る際は毛の流れに沿って、剃りやすいもみあげから頬部分から剃っていき、鼻の下や顎などの剃りづらい部分は後から丁寧に剃っていきましょう。
逆剃りは、肌への負担が大きいので剃り残し部分のみに行うようにしてください。
剃り終わったらぬるま湯でそそぎ、冷水で肌を引き締めます。
その後、化粧水やアフターローションなどで肌を保湿しましょう。
その他にも使用後のカミソリはシェービング剤が残らないようにしっかり洗い、1週間から2週間に1回は刃を交換して清潔さを保つようにしてください。
髭剃りは毎日のことですので、丁寧に行うことで肌荒れを防ぐことができます。

check

サッカーユニフォームのチームオーダーを作成する

Last update:2018/5/11

Copyright (C) 2015 髭を嗜む All Rights Reserved.