髭剃りでカミソリを使用するときの注意点

髭剃りで肌にダメージを与えないためには、カミソリの使い方がポイントとなります。
最初にシェービングフォームを塗布しますが、すぐに剃り始めてはいけません。
必ず30秒以上は時間を置いて、髭を柔らかくしてください。
硬い状態のまま剃ると、お肌への刺激が強くなります。
一番よいのは洗顔をして皮脂を落としてから蒸しタオルを使用し、3分程度顔を温めることです。
それにより髭が柔らかくなるので、さらにシェービングフォームを塗布して30秒程度置いてから剃り始めましょう。
シェービングフォームの代わりに石鹸を使う方もいますが、お肌に刺激を与えやすいので避けましょう。
髭剃りで肌を傷めないためには、切れ味の鋭いカミソリを使うべきです。
切れ味が鈍っていると、何度も滑らせるので肌によくありません。
特に敏感肌の方だとニキビ、炎症などを発生させるので注意が必要です。
剃り方の手順としては、毛の流れに沿っていき、残った部分を逆剃りします。
最初から逆剃りすると肌を傷めるので注意が必要です。

カミソリを使った正しい髭剃り方法

カミソリを使った髭剃りは、力の加減を間違えると肌を傷めることもあるので取り扱いが難しく、使い方に疑問や悩みを持つ男性も少なくありません。
朝に髭を剃っても、午後にはもう伸びてくるという人も多く、深剃りをしようとしてカミソリを肌に強く押しつけるなど、間違った使い方をする人もいます。
強く押しつけると肌も一緒に剃ってしまうこともあるので、力はあまり使わずに撫でるように剃って生きましょう。
髭が抵抗して剃りにくい場合は、顎を濡らしたり蒸しタオルなどを使って、肌と髭に水分を含ませることで剃りやすくなります。
またシェービング剤をつけて髭に馴染ませることで、滑らかな髭剃りができます。
剃る順番はもみあげ部分から頬、顎へと徐々に顔の中心に向かうようして、毛が生えている方向に剃ります。
深剃りしようとして毛と反対方向に向かって逆剃りをする人もいますが、肌への負担が大きいので、ある程度髭を剃り終わってから、最後に逆剃りで仕上げるようにするといいでしょう。

pickup

香川 税理士

2018/3/16 更新

Copyright (C) 2015 髭を嗜む All Rights Reserved.