髭剃りとジェルの選び方

髭剃りは毎日行なうことですが、髭剃りをし続けることによって肌が痛んでいる状態でいることがほとんどです。
そんな肌に石鹸をつけて髭を剃ってしまうと、余計に肌に負担をかけてしまいます。
肌に余計な負担をかけないためにはシェービング剤を使うことが大切です。
シェービング剤を使うこといよって、髭を根本から柔らかくする効果があります。
シェービングは髭だけではなく肌表面の角質層も取り除く働きがありますが、シェービング剤を使えば刃の滑りを良くして肌に必要な部分までを傷つける心配が無くなります。
また、カミソリ負けを防ぐ薬用処方のものや肌の潤いを保つことのできる成分が入っているものなど選ぶとができます。
タイプはいくつかあり、剃り残しが気になる人でもきちんと処理のできるジェルタイプ、肌を守ることのできるフォームタイプ、しっかり深剃りができるジェルフォームタイプから選ぶことができ、スキンケアをしたい敏感肌であるなど自分の悩みに合ったものを選べます。

髭剃りでジェルを使えば確認しながら剃れる

髭剃りをする時には肌に何も塗らずに剃るのではなく、肌を傷めないためにはジェルなどを肌に塗ってから剃ることが大切です。
そして、肌に塗るものの中でもジェルタイプは透明なものが多いですし、透明のものは髭剃りをしたい箇所に塗っても髭を隠してしまうことがあまりありません。
そのため、髭の剃り残しなどを少なくすることができますし、髭剃りをしている方の中にはファッションとして髭をのばしていたり部分的に残している方などもいますが、透明のものを使うことによって残したい部分や境目などをちゃんと確認しながら剃ることができます。
そのため、普段のお手入れなどにも向いています。
そして、ジェルタイプの中には髭剃りをした後にスースーしたりヒンヤリとする成分が含まれているものなどもありますが、夏場などの暑い時期に使うことですっきりとした使い心地を得ることができますし、ヒンヤリとするので汗をかきにくくすることなども期待できます。

注目サイト

最終更新日:2018/4/13

Copyright (C) 2015 髭を嗜む All Rights Reserved.