深剃りでキレイな髭剃りをするコツ

髭剃りはやったことのある人なら分かるかと思いますが、簡単そうに見えて意外と難しいものです。
時間をかけずに適当にやると剃り残しや、思ったよりも毛が残って顎が青く見えることもあります。
そのため頑張って深剃りをしようとしますが、カミソリやシェーバーを肌に押しつけることで肌が傷つき、カミソリ負けの原因となってしまいます。
髭はとても硬く、そのままの状態で剃ろうとすると強い抵抗が生まれるために、剃りづらく肌に負担がかかります。
まずは髭を柔らかくする必要があるので、タオルを少し熱めのお湯で濡らして、髭の部分に覆うようにして蒸らすことが大切です。
数分置いておくと柔らかくなるので、その後にカミソリやシェーバーを使って剃ります。
髭剃りの際は肌を伸ばして寝ている毛を立てることで、深剃りがしやすくなります。
また毛が生えている方向と逆方向に向かって剃ると、逆剃りができてより深剃りができます。
ただし逆剃りをしすぎると肌が傷みやすいので、2~3回程度で抑えるようにしましょう。

髭剃りで深剃りに適しているのは

髭剃りに必要なシェーバーには、肌に優しい回転式と深剃りが特長のカミソリ、その中間にあたる往復式の三種類が一般的です。
シェーバーは自分の髭の濃さや、刺激に対する肌の強さ・弱さに応じて選びましょう。
安全カミソリは刃が直接肌に接触するので、一番深剃りができます。
濡らして使う事もできて安価ですが、替刃などで維持費がかかります。
深く剃れるぶん肌を傷つけやすいので、皮膚が弱い人はカミソリを避けるか、シェービングフォームなどで保護しながら剃りましょう。
電動式は外刃の厚みがあるので、カミソリより深剃りしにくいですが、薄い刃が開発され使用感の差は縮まってきています。
剃る時は何回か往復する必要がありますが、手軽に使用できるというメリットがあります。
髭剃りを販売するメーカーでは、髭をより深く綺麗に剃れて、しかも肌に負担の少ないという機能を両立させるべく様々な研究を行っているので、これからもシェーバーの性能は進化していくと考えられます。

おすすめWEBサイト 5選

ロストワックス

Last update:2018/3/16

Copyright (C) 2015 髭を嗜む All Rights Reserved.